高く売る為のバイク買取査定員との交渉方法

バイクを高く売るための交渉方法

バイクを高く売るための交渉について、あたりまえの話ですが買取査定員と誠意を持って交渉するということが大事です。

 

こちらが売る気が無いような冷やかしな態度で交渉をしても買取査定員は高値をつけてくれませんのでバイクを高く売ることはできません。

 

また査定の時に自分だけ家の中に入っていたりしては絶対にいけません。査定員も人間ですのでコーヒーの1本でもだしてあげると好印象になります。希望額だったらすぐにでも持っていっていいという気持ちで交渉すると高く売ることができます。

 

交渉で重要となってくるのが、自分のバイクの相場をしっておくということです。買取査定員は最初はものすごく安い額を言ってきます。交渉を有利に進めるのに必ず相場は知っておいてこちらのペースで交渉するようにしましょう。

 

ここからは交渉のポイントを解説します。

余計なことは言わない

買い取り交渉の時は相手の情報を持っている方が有利になってきます。こちらから希望額などを言ってしまうと買い取り業者の思うつぼなのでこちらからは言わないようにしましょう。もし希望額を聞かれた場合は査定のMAX額を言いましょう。バイクの事故歴などは隠していてもばれるので正直に言いましょう。変に隠すと他にも何かあるのかと疑われてしまって、信頼が失われてしまいます。逆によいことはドンドンアピールした方がいいでしょう。大事に乗っていたこと、大切にバイクを扱ってきたこと。外装はよく磨いてきれいにしていました、走行前はアイドリングでエンジンを温めてから走行していましたなどバイクを大切に扱ってきたことをアピールすると好印象です。

 

意思を強く持って安かったら絶対に売らないと断る

交渉の際は意志をはっきりと強く持つことが大事です。買い取り査定員は初めはかなり安い金額を言ってきてあなたから安く買い取れるかどうか見ています。

 

買取業者はいかに安く買取するかが仕事です。なので最初の査定価格で絶対に返事をしてはいけません。あなたが納得できる金額まではっきりと断っていれば買い取り業者は買い取り価格をどんどん上げてくるので納得の額まで待ちましょう。

 

あまり無謀な額を望んでも買い取りしてもらえなくなってしまうので、事前にちゃんと相場は知っておきましょう。

 

買取業者がトラックで来た場合などでも査定額が気に入らなければ無理に売る必要はありません。
事前に断る理由なども考えておくとスムーズに交渉できます。
例えば『親に買ってもらったバイクなので相談しないと決めれない』など。

バイク 高く売るバイクを高く売る方法