高く売る為のバイクを大切にする乗り方

バイクを大切にする乗り方

バイクを大切する乗り方

 

バイクのエンジンなどの痛み具合は乗り方によって変わってきます。乱暴な乗り方をしていればバイクは傷みやすいし、壊れやすい。

 

バイクを高く売る為には乗り方も大切になってきます。バイクを大切にする乗り方をお伝えします。

 

暖気運転(アイドリング)

バイクを大切に乗るにはエンジンかけて走る前にエンジンを暖める暖気運転をするのが大事です。
特に寒い時にエンジンをかけてすぐ走ってしまうとエンジン内部に傷がついてしまい、不調の原因になります。古いバイクは特に暖気運転が必要です

 

バイクは停めておくとエンジンオイルが殆ど下に降りている状態になっているので、暖気運転をしてオイルをエンジン全体に廻してあげるとエンジンの負担が少なくなります。

 

暖気運転の時間ですが大体1分〜3分くらいやれば大丈夫です。あまり長くやりすぎるのも逆にエンジンに負担をかけることになってしまうので気をつけましょう。

 

定期的にエンジンをかける

バイクは様々な機械でできているので動かさないでいると調子が悪くなってきます。
バイクに乗らない期間がある場合でもエンジンは大体2週間に1回ほどかけてあげた方がバイクに優しいです。しばらく乗らないでいていきなりエンジンをかけて走ってしまうとエンジンの負担も大きくなってきます。

 

急がつく行為はしない

急発進、急ブレーキ、急ハンドルといった行為は危険で、バイクにも負担をかけるのでやらないようにしましょう。

 

こういったことを意識して日頃からバイクに乗っているとバイクを売る時に売りやすいですし、高く売れます。

 

バイク 高く売るバイクを高く売る最強の方法