高く売る為のバイクメンテナンス

バイクメンテナンス

バイク売る メンテナンス

 

バイクを高く売る為には日頃からのメンテナンスが大切になってきます。ここでは大事なメンテナンスについてお伝えします。

 

バイクの外装の洗車

バイクの外装を日頃からきれいにしておくとバイクを売る時に高く売れます。
外装をキレイにする方法はこちらのページをご覧下さい。

 

エンジンオイルの交換

エンジンオイルはバイクをメンテナンスするうえでとても大切でオイルを交換するか、しないかでエンジンの寿命が大きく変わってきます。
エンジンオイルは大体3000キロくらいで交換するのがいいと言われています。
バイクにたまにしか乗らない方は年に3000キロも走らないと思いますがオイルは置いておくだけで段々劣化してくるので注意が必要です。
バイクを大切にするのであれば3〜4ヶ月に一回はしておいた方がいいでしょう。
2サイクルエンジンはオイルを定期的に補充しないとエンジンが焼付いてしまうので乗る前に確認しましょう。

 

プラグメンテナンス

プラグはエンジンに火を飛ばす大事な部分でプラグが悪いとエンジンの調子がかなり悪くなります。
エンジンのかかりなどが悪い場合は点検が必要です。場合によってはプラグの交換が必要ですが、大体1本数百円で売っています。

 

タイヤ

タイヤの空気は少しづつ抜けていくので定期的に空気圧の確認が必要です。あとタイヤの溝が少ない場合やタイヤが古い場合はヒビ割れの可能性もあるのでひどい場合は交換が必要です。

 

チェーンメンテナンス

意外と忘れがちですがチェーンもメンテナンスが必要です。砂などの汚れがひどい場合はクリーナで汚れを落としてから注油が必要です。注油の際はタイヤに油がかからないように注意しましょう。

 

ワイヤー類

バイクのクラッチワイヤー、ブレーキワイヤーの点検も必要です。油が切れてくると動きが硬くなってきたり、断裂する可能性があるので定期的に注油や調整をすることが大切です。

 

バイク 高く売るバイクを高く売る最強の方法