バイクを高く売る最強の売り方

バイク買取業界の秘密記事一覧

バイクの買取で査定員が一番喜ぶことは、ノーマルパーツがちゃんと保管されていてバイクに高額なパーツが付いていた場合です。例えば新品で買えば数十万はするフルチタンマフラー、オーリンズのサスペンション、ブレンボなどのブレーキシステム,FCRキャブレターなど。これらのパーツが付いていたら買取査定員は大喜びです。さらに査定員が喜ぶ場合はバイクのオーナがこれらのパーツにあまり執着していない場合。殆どの場合それ...

バイクの買取価格上昇中ここ最近バイク販売店の売れ行きが好調なのでバイクのオークション相場が上がって来ています。バイク王などの広告もインターネットをしているとかなり見かけます。ということはバイクがかなり売れているということです。バイクの売ろうと考えている方は今がいい時期かと思います。バイク買取業者も今の時期はバイクオークションで利益が多く取れるのでこういった時期は査定も甘くなり高額査定がつきやすくな...

査定員に言ってはイケナイ言葉バイクを売る際にはに買取業者に査定を依頼すると指定した日に査定員が自宅まで査定しに来てくれます。まずは挨拶から始まり軽く世間話などをすると思いますが、そんな世間話の時でも買取査定員はあなたの事を探っています。買取査定員は交渉のプロです。普通の会話からでもあなたからいかに安く買取できるか探ってきます。査定員の話巧みな誘導でついつい余計なことを言ってしまうことがあります。例...

正直無駄なことバイクを買取業者に売る際に問い合わせで自分のバイクをアピールするのにタイヤやブレーキパットやオイルなどの消耗品を交換したばかりだとアピールする方がたまにいますが、それは査定には一切影響しません。特にキャブレターのオーバーホールやエンジンのボアアップやハイカムの組み込みなど目に見えない部分は確認しようがありませんので査定には影響しません。古いバイクや絶版の旧車だとキャブの同調やエンジン...

査定員がついてくるマイナスポイントマイナスポイントが見つからないバイクの場合査定員はバイクのどこを見ているのか?意外と査定員が見落とさないのがフレームの下の部分の傷です。特にアメリカンでローダウンなどをして車高が低くなっているバイクだと段差などで傷がつきやすいです。査定員はそのフレームの下を覗きこんで見て査定をします。傷や削れがあった場合フレームに傷がありますのでマイナスポイントになると言われてし...

査定員が一番最初に見ているところバイクの買取査定員が一番最初に見ているのばバイクではなくあなたです。査定員はバイクより先に一番最初にあなたがどんな人かを見ています。それから戦略を立ててあなたへの交渉の仕方、提示する金額、話のもって行き方などを考えます。そういったことは査定が始まる前の何気ない世間話から始まっています。バイク買取業者ではバイクの査定よりもこういうった事の方が重要視されているそうです。...

電話で問い合わせした価格はあてにならない実は電話で買取業者に問い合わせしてでた価格というのは実際の査定額とはかなり違ってきます。電話などで問い合わせして出た価格は買取額のMAX値です。最高に状態がよかった場合の価格になってますので問い合わせして出た価格をあてにしてはいけません。問い合わせするといい状態と悪い状態の査定額を教えてくれますが悪い状態の査定額のほうが実際の査定額に近いと考えた方がいいです...

買取査定員の演出バイクの査定の際によく聞く話で、バイクの査定額が低いので査定員と交渉していると査定員が上司と相談してみます!といって電話をかけますがあれはバイク買取業者の演出のひとつです。電話に代わると○○円まで査定額を上げますなど色々と言ってきますがそれも演出のひとつだと思って対応した方が楽です。そんな演出に騙されるよりこちらもしっかりと準備して知識をつけておいた方がバイクを高く売ることができま...